インデックス
■ホーム
■体 制
■業務内容
■業務経歴
■関連リンク
■コンタクト





 業 務 経 歴 ( 年 度 別 )


 ←前の年度    ↑業務経歴トップ   次の年度→

2011年 


■西新井駅西口駅前広場の整備計画及び南街区のまちづくり計画作成業務委託
▲東京都足立区
平成16年に都市計画決定された西新井駅西口広場について、周辺状況等の変化による都市計画の変更を行うため、駅前広場の整備方針の整理、概略設計を行うとともに、隣接する南街区において、駅前の顔づくりや街区内の環境改善を目指したまちづくり計画の策定支援を行う業務である。
初年度の今年は、駅前広場の整備方針の整理のため、庁内の合意形成を行うとともに、関係機関との調整のための資料整理・作成を行った。
また、南街区のまちづくり計画の策定のため、全地権者を対象とした意向調査や、協議会立ち上げのための勉強会を開催し、まちづくり計画策定のための環境づくりを行った。


■地方分権の進展に対応した区政運営における住民・行政のあり方に係る基礎調査委託
▲東京都板橋区
地方分権改革は自治体の権限を拡大したものの、財政状況等、公共サービスの制約要因強まる一方で、多様な主体が地域の課題解決に取り組む活動がある。本調査はそうした状況を踏まえ、板橋区における自治体経営の背景と状況を明らかにし、国等の資料・調査報告書、文献調査、地域コミュニティ、協働、市民参加、議会、まちづくりに対する全国事例調査から、今後の板橋区行政と区民のあり方、当面、中・長期の方向性を提言した。


■三職層合同研修(協働推進)の実施委託
▲東京都板橋区
区民とともに参加と協働のまちづくりを推進していく機運を職員間に醸成するため、職員同士が知り合い、より密接につながる事により組織の内的力を引き出す事を目的に,"自治力アップと協働の推進"、"区民と職員が地域の問題解決に向けて、一緒になって悩み、取組んでいくには"をテーマに研修を行った。
研修会をリラックスした雰囲気で行うために、「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいたワールドカフェ形式のワークショップで行った。

■八広地域プラザ(仮称)整備に伴う調整設計委託
▲東京都墨田区
協治(ガバナンス)を担う区民が地域活動や交流を行うコミュニティ活動の拠点となる地域プラザの整備に向けて、昨年度の基本設計に引続き実施設計業務をおこなってきたが、本業務は、実施設計段階で設計条件が確定できなかった母屋棟新築工事の一部、及び外部空間整備工事に関して、再度設計条件の確定を得て、既実施設計の調整を図った。

■八広地域プラザ(仮称)整備に伴う工事監理業務委託
▲東京都墨田区
協治(ガバナンス)を担う区民が地域活動や交流を行うコミュニティ活動の拠点となる地域プラザの整備工事の工事監理業務である。業務の内容としては、設計意図を請負業者等に正確に伝える業務、施工図等を設計図書に照らして調査・検討する業務、施工計画を調査・検討する業務、工事の確認、工事検査の立会い業務等である。

■旧第五吾嬬小学校の跡地における地域プラザの整備事業に係る住民検討会等運営業務委託
▲東京都墨田区
協治(ガバナンス)を担う区民が地域活動や交流を行うコミュニティ活動の拠点となる地域プラザの整備に向けて区民と行政の協働で検討する会議運営を支援する業務。団体推薦と公募による地域プラザ運営ガバナンス会議(第2エリア)における検討の5年目で、地域プラザの運営方針を検討した。今年度は特に、運営体制を重点的に検討し、地域における検討体制について、地元団体との協議を重ねた。
1月には、地域プラザの運営を担う八広地域プラザ運営協議会を設立し、新たな体制に移行して、さらに運営体制を検討するとともに、Tシャツ作成など広報基盤を充実させ、新たな広報活動を開始した。

■旧本所一丁目出張所跡地等における地域プラザ整備事業に係る基本計画等の策定及び住民検討会等運営業務委託
▲東京都墨田区
協治(ガバナンス)を担う区民が地域活動や交流を行うコミュニティ活動の拠点となる地域プラザの整備基本計画を区民と行政の協働で策定する業務。区内2館目となる第4エリアにおける検討の3年目にあたり、団体推薦と公募による地域プラザ運営ガバナンス会議(第4エリア)において、前年度にとりまとめた基本設計案をもとに実施設計に関する意見のとりまとめ支援を実施した。また、開館後は施設の運営を区民が主体となって担うため、運営組織体づくりに向けた運営基本計画作成支援を行った。

■風景づくり通信作成作業委託
▲東京都世田谷区
世田谷区内で進めている風景づくり活動の広報を目的とした情報紙「風景づくり通信」の作成等を行った。風景づくりの活動を多くの人に知ってもらえるよう、表現等を工夫したほか、風景づくりの「今」を読者に伝えるため、区が主催する風景づくりフォーラムや風景づくりフェスタなどの活動に参加し、取材だけでなく、会議・運営支援にも協力した。

■石神井公園駅周辺地区まちづくり推進業務委託
▲東京都練馬区
石神井公園駅周辺地区まちづくり全体構想に基づき、駅周辺にふさわしい良好な市街地環境の形成を図るため、地域住民との協働によるまちづくりの推進することを目的とする業務である。昨年度に引き続き、地元地権者等で構成する石神井公園駅南地区まちづくり推進協議会における「まちづくり計画」の策定及び街並み誘導型地区計画の導入に向け、個別説明や懇談会の開催等により合意形成活動を行った。
また、本業務においては、合意形成活動の成果を受け、地区計画の都市計画決定手続きに必要な図書の作成や、関係機関協議について支援を行った。

■港区立区民斎場やすらぎ会館修繕計画策定業務委託
▲東京都港区
竣工から15年経過した区立斎場にて、平成50年までの長期保全計画及び、それに基づいた改修等の基本計画のとりまとめを行った。またこれらの計画書作成に先立ち、外壁・内装の目視調査及び打診調査、配管の非破壊検査を実施し、劣化度診断報告書の作成も行った。

■港区景観重要建造物指定調査業務委託
▲東京都港区
景観重要建造物の指定に向け、候補として想定される歴史的建造物の実態を把握するための業務である。調査に当たっては、港区景観計画に定められた指定方針を踏まえ、景観上の重要性を現地調査などによって整理するとともに、所有者へのアンケートにより景観重要建造物指定の必要性や建造物の保存・活用にむけた問題点などの意向を把握した。
また、上記調査を踏まえ、歴史的建造物の保存・活用に向けた課題を整理するとともに、具体的な保存・活用手法の導入を想定したモデルケースについて検証した。

■港区景観計画の充実に向けた調査等業務委託
▲東京都港区
港区景観計画の充実を図るための検討支援を行った。そのうち、届出対象規模の見直しにおいては、法に基づく届出実績や建築動向等を詳細に分析し、現状の課題整理や設定した引き下げ案の検証を行った。また、景観形成特別地区の追加指定の検討においては、候補地区の景観特性の分析や行政および地域の景観形成の動向、一般地域の基準等の関係性等を加味しながら、追加指定の是非や方向性を検討した。


■東久留米市環境基本計画中間見直し支援業務委託
▲東京都東久留米市
平成18年に策定された環境基本計画の中間見直し支援業務。
初年度である本年度は、基礎調査を行い現計画の成果と今後の課題を整理するとともに、市民アンケート及び事業者アンケートを実施し、市民及び事業者の環境に対する意識や現計画に対する評価を把握した。基礎調査結果を踏まえ中間見直しの基本方針、及び見直し素案の骨子を提案した。また、環境審議会の運営支援を行った。


■久喜市自治基本条例策定支援業務
▲埼玉県久喜市
平成22年3月に1市3町が合併して誕生した久喜市において、自治基本条例の策定のための支援を行った。
2年目である本年度は、震災の影響により延期された市民によるワークショップ提言書を6月に提出するための支援を行うとともに、提言書を受けた行政素案の作成支援、審議会での検討の支援、パブリックコメントの実施支援をおこなった。
また、自治基本条例の内容を市職員に周知するため、職員研修会を複数回開催した。

■松伏町第5次総合振興計画策定基礎調査業務委託
▲埼玉県松伏町
本調査では、第5次総合振興計画策定のための3,000票の町民意識調査を行った。調査結果を総合振興計画策定の資料とすることから、フェイスシートを詳細化し、第4次の施策評価や施策ニーズ、生活行動を把握できる内容にした。分析にあたっては、町民の施策満足度・重要度から今後の施策の取り組み、方向性、優先順位を明らかにすることを心掛けた。


■第4次八潮市障がい者行動計画・第3次障がい福祉計画策定業務
▲埼玉県八潮市
本計画は平成24年度を初年度とする3か年計画である。計画策定にあたり既計画の評価及び課題について整理するため、障がい者関係団体及びメンバーへのアンケート、ヒアリングを行った。また、個別事業に関係する全課から実績及び問題点と課題について事業調書をとり、庁内専門委員会での検討・調整を経て計画を策定した。計画は市地域福祉計画と整合性を図り進めた。

■川崎市交通局バス運行管理に係る改善委員会運営支援業務
▲神奈川県川崎市
川崎市交通局では、平成22年に経路間違いを主とする運行ミスが連続して発生し、これに対して各種の運行ミス防止対策を実施してきたが、ミスの撲滅には至らなかった。この運行ミスの連続発生を市バス事業に対する重大事態と受け止め、より効果的な運行ミス防止対策を検討するため、ミスの原因や防止対策について安全運行の確保・向上の観点から検証し、また、バス運行に直接携わっている営業所長やバス運転手からの意見聴取等を行い、今後の防止対策について調査・審議する「川崎市交通局バス運行管理に係る改善委員会」を設置した。
本業務は、その改善委員会運営の支援を行った業務である。

■川崎市内分譲マンション耐震対策等実施調査委託
▲川崎市まちづくり公社
川崎市内の旧耐震基準で建設した分譲マンションの管理組合に対して、建物の現況と管理に関する状況と課題について調査することにより、今後の分譲マンションの耐震化及び管理に向けた支援及び施策等を展開する上での基礎資料とすることを目的とした業務である。
前年度に抽出した、調査対象マンション全棟(360棟)の管理組合に対するアンケート調査を実施したほか、回答があったマンションに対するヒアリング調査を通じて、管理組合が抱えている課題を整理・分析し、支援策の検討を行った。

■平成23年度第3次清川村総合計画策定事前調査業務
▲神奈川県清川村
平成6年度に策定された総合計画改定のための改定基礎調査業務。
統計データを用いて村の現状を把握するとともに、3種類の村民アンケート(世帯主、若者、転出者)において、村民のライフスタイルや村の施策の満足度、村の将来イメージを把握して、基礎調査結果として取りまとめた。
さらに総合計画への村民意向反映の手段として公募村民を主体とする村民ワークショップの立ち上げるとともに運営を支援した。
 
 
■景観計画策定委託業務
景観法に基づく景観計画に基づき、重点地区の指定に向けた地元との協議を行うとともに、当該自治体の景観行政の普及啓発を図るためのシンポジウム及び景観賞の実施に向けた支援を行った。


 ←前の年度    ↑業務経歴トップ   次の年度→

(株)地域総合計画研究所 〒107-00062 東京都港区南青山5-1-25北村ビル
Phone 03-3400-4952  Fax 03-3407-3074 メールdaihyo@chiikisogo.co.jp